トップページ > 設備点検 > 連結送水管耐圧試験

連結送水管耐圧試験

平成14年7月1日施行の「消防用設備点検基準等の改正」に伴い、連結送水管設備を設置してから10年経過(以後3年毎)したものについて「耐圧試験」を実施し、消防署へ報告する事が義務づけられました。
措置命令に違反し、万が一火災事故が発生した場合は、建物のオーナー等に最高一億円の罰金又は勾留に課せられる事があります。

※この様な送水管は検査と消防署への報告が義務づけられています。
※検査対象送水管は写真の埋込み型双口送水管(蓋付き)の他、Y型送水口・スタンド型双口送水口・埋込み型送水管等があります。


私たちは法令検査に実動車を使って、迅速丁寧に行います。

耐圧検査の対象

マンション・ビル・病院・学校など、人が集まる建物に設置された連結送水管は、形状・型式に関係なく、設置されてから10年を経過したものについて検査の対象となります。

連結送水管の耐圧性能検査が義務付けられる条件

  • 地上7階建て以上の建築物。
  • 地上5階建て、又は6階建てで、延べ面積6000m² 以上の建築物。
  • 延べ面積1000m² 以上の地下街。
  • 道路部分を有する防火対象物。

耐圧検査の方法

耐圧検査の方法

左記の枠組みの三部門の検査を順序に従って綿密に行います。
もし検査に異常(配管等の腐食による圧力低下)があった場合には補修及び再検査が必要です。


厳正な耐圧検査の実施

厳正な耐圧検査の実施

耐圧検査は、実動車の耐圧を掛けなければ検査とは言えません。私共では実際、火事の現場で使用される実用性の高い「消防ポンプ自動車」を数台準備致し、お客様への利便性と検査の効率化を図っています。
諸検査の所要時間は約3時間程度で終わります。施設内の水道や電気は止めませんので検査による施設内への影響はありません。
検査内容及び料金体系につきましては担当者が分かりやすく説明致します。


  • 長崎新聞に掲載されました。
  • ギャラリー
  • shobo
  • エコCAPF
  • 採用情報